ランニング

何がそんなに楽しいの?ランニング歴20年のオジサンが走ってて良かったことを考えてみた!

ろまんちっくリレーマラソンコース

日ごろ走っていると、結構頻繁に聞かれることがあります。

社会人になってからは特にですが、2万回くらい聞かれたかもしれません。

 

走るって何がそんなに楽しいの?

 

2万回くらい聞かれたてきた私でしたが、だいたい適当なことを話してごまかしてきました。

よく言うのは 健康のためとか体力つけるため とかで。

もちろん、その理由も含まれているのは間違いないのですが、実際のところちゃんと考えたことは無かったことに気付きました。

ごの
ごの
ずっと当たり前に走ってきたので深く考えたこと無かったんすよね。

 

ということで、当記事では 「走ってて良かったこと」を真剣に考えてみよう と思います。

思い立ったが吉日。

良い機会なので、走ることの魅力を語っていこうと思います。

走ることの魅力を全力で考える

まずは、走ることの魅力についてです。

書きながら、考えてみますね。笑

楽しいことに絞ってもいいのですが、せっかくなので楽しいこと含めて、良かった点について書いていきます。

走ることの魅力を全力で考える
  1. 規則正しい生活ができる
  2. 身体が疲労するのでぐっすり眠れる
  3. 体力を生かしてある程度の運動ならできる
  4. フットサルやバスケのサークルで走っていれば何とかなる
  5. あんまり体調を崩さなくなる
  6. 並大抵のことでは太らなくなる
  7. 健康診断でだいたい全部A
  8. スケジュール管理能力が身に付く
  9. タイムが伸びたときの達成感がすごい
  10. とにかくストレス解消になる
  11. 走ってるときはいろいろ考える時間になる
  12. 走ってて知り合った人と良い付き合いができている
  13. 駅伝大会が楽しい
  14. 誘った人が駅伝楽しいって言ってくれて更に嬉しい
  15. 大会でいい結果だと嬉しい
  16. 駄目な結果だったとしても次の目標になる

本当は1つ1つ解説していきたいのですが、何となく伝わりますよね←

ごの
ごの
頑張って考えたっすが正直これしかないかって驚きました。笑

ただ個々の魅力が大きいってことですかね!

 

過去記事で、いくつか紹介している要素もあるので、是非ご覧いただければと思います。

あわせて読みたい
シャパン駅伝ツアー
駅伝に参加してきて改めて魅力に気付きました!駅伝参加で得られる3つのメリット!先日、大学時代の後輩と一緒に駅伝に参加してきました。 大学依頼の後輩との駅伝ということもあり、とても楽しく走らせていただい...
あわせて読みたい
走る人
1年で10km43分から35分に伸びる練習方法を解説【実例公開】私(わたくし)ごの、2018年5月から本格的に走りはじめてもうすぐ1年がたとうしています。 1年前の私は、会社勤めの疲れから暴飲暴...

何で走っているのかを全力考える

いい点をたくさんあげましたが、そもそも何で自分が走ってるのかを考えてみました。

上げてみてわかったことは、やっぱり今の自分より成長したい思いがあるみたいでしたね!

自分に向上心があって良かった!笑

何で走っているのかを全力で考える
  1. 大会(福島駅伝)でいい結果を残したい
  2. 大人になっても自己ベストが出せるってことを証明したい
  3. 健康な身体でずっといたい
  4. 美味しいものや好きなものをたくさん食べても引き締まった身体を維持したい
  5. 息子と一緒に走りたい
  6. 走る魅力を多くの人に伝えたい
  7. 多くの走る人と一緒に走る魅力を共有したい
  8. 走ったあとのビールや温泉を全力で楽しみたい

こうして考えてみると、自分がどう思っていて、どうなりたいかってのが見えてきて良かったです。

目的が可視化されたことで、どういう姿勢で取り組んでいけばいいかのイメージが持ちやすくなりました!

ぜひ 皆さん走ることの目的を書き出して みましょう!

走ることの目的を書き出して可視化することで今後のプランが立てやすくなる 

もし走るのをやめたらどうなるかを考える

良い機会なので、もし私が走るのをやめてしまったらどうなるのかを考えてみました。

ごの
ごの
走ることを止めるなんて想像つきませんが、頑張って考えたっす。笑

走る目的の一つとして、こうはなり無くないってのがあるかもしれませんね。

だから走り続けているのかもしれません。

もし走るのをやめたらどうなるか
  1. 健康状態が著しく低下する
  2. 太ってストレスたまる
  3. 運動で発散できないのでストレスたまる
  4. ストレスでずるむけ
  5. 自分のアイデンティティを1つ失う
  6. 時間はできる
  7. でも生き甲斐は失う

ここでも気付いたことは、走ることが生き甲斐だったということです。

走ってるときは辛いけど、それでも走り続けているのは 走ることが生き甲斐だから ですね。

まとめ

ということで、当記事では20年間走ってきて自分が感じたメリットデメリット、走ることの目的を考えてみました。

何のために走ってるの?

と聞かれて困っているランナーの皆様、走ることの魅力を伝えていきたいランナーの皆様、是非ご参考いただければと思います。

ごの
ごの
思ってた以上に今の自分と向き合えて、すごくためになりました。

今後私も同じ質問を受けたら、このブログを見直してみます。

ABOUT ME
ごの
5000mを15分台で走るのを目標に、2018年5月より本格的に練習を開始しました。社会人になっても、自己ベストを出せるということを証明します! 2018年実績:5000m17'47、10km34'31