ごのい家

28才会社員奮闘記

子育て中の夫婦円満の秘訣

time 2018/05/08

子育て中の夫婦円満の秘訣

お疲れ様です。ごのです。

おかげさまで、結婚生活3年目を迎えさせていただました。

自分で言うのも恥ずかしいのですが、夫婦仲はとても良く、楽しい毎日を送らせていただいております。

子供が産まれ、子育てに奮闘する毎日で二人の時間もなかなか取れないのが現状ですが、そんな中でも、どうしたら家族が毎日楽しく幸せな日々を送れるのか、考えております。

どうしてもママじゃないと…

まずお伝えしたいこと、

それは、子育ては本当に多くの時間を使ってしまうということ。

そして、その大半はママの時間ということです。

これは、奥さんが時短勤務で子供との時間が多いからというだけではなくて、ママじゃないとどうしても駄目な場面というのが結構あるのです。

旦那がどんなに抱っこしてあやしても泣き止まないとき、初めての人と会うとき、夜寝るときや夜泣きしてしまったとき…などなど、普段は懐いてくれているのに、ママじゃないとどうしようもないときが必ずあります。

できる限りサポートはしたいけど、どんなに頑張っても男親はママには勝てません。

どうしても子育てはママの時間を多く使ってしまうため、旦那は奥さんの時間を一番大切にしてあげないといけません。

(世の多くの旦那様が感じていることだと思っています)

家事は率先してやる

当たり前だろ!と思われるかもしれませんが、これがなかなか意識してないとできないのが私です。

仕事やランニングで疲労感がすごいときは尚更何もしたくありません。

しかし!!

夫婦共働きで、奥さんは時短勤務で子供の保育園の送り迎えと身の回りの世話をしてくれています。

子供の世話というのは、想像以上に大変です。

身体はもちろん疲れるのですが、何といっても精神的にきつい。

転んだりしないか、変なものを口に入れないか、ご飯ちゃんと食べてくれるか、うんこするか、熱はないか、何で寝てくれないのか、何で大泣きするのか、何をしてほしいのか…

数えきれない心配事が積み重なって積み重なって、それはそれは疲れます。

ただでさえ大変な子供の世話なのに、仕事終わりに休む間もなくしてくれている奥さんに家事までさせるなんて、その旦那はどうかしてしまってると思うのです。

たまに、どうかしてるぜ!状態になってしまいそうな私ですが、身体に鞭打ってできる限り自分から率先して家事をするようにしています。

子供が産まれてもうすぐ2年がたちますが、今のところ奥さんからは家事に対しての不満は出てきていない認識です←

わたくし旦那が料理担当

家事の中でも一番ヘビー級なのは、食事の準備です。

献立を考えるところから、買い出し、調理、食器洗いまで含めると1~2時間は一瞬で過ぎちゃいます。

洗濯や掃除は、これまであんまりやってこなかった私のような人間でも、やろうと思えばできます。

ですが、料理となるとそんな簡単にはいきません。

数ある家事の中で最もハードルがかなり高いと私は思っています。

そんな私でも、いやそんな私だからこそ、どんなに忙しくても食事の準備だけは毎回私が担当することとしました。

初めのうちは携帯でレシピを調べながら、1つのおかずを作るのに1時間くらいかかり四苦八苦していましたが、少しでも奥さんの負担を減らしたいという想いが伝わったのか、食事の時間は本当にうれしそうに食べてくれました。

最近は私の調理スキルが上がってきたことと、料理のレパートリーも少しずつ固まってきてしまったこともあってか、初めほどの感動はなさそうですが、それでもおいしいと言って毎回うれしそうに食べてくれています。

絶対に奥さんが調理してくれた方がおいしいのは明白ですが、奥さんのために作ろうという気持ちが大切なんだと思います。

奥さんの予定は最優先

男は何かと簡単に飲みの予定を入れてしまいがちです。

しかし、ママはそうはいきません。

子供がいるとなると、どうしてもママは予定を入れにくいと思っているはずです。

まして我が家は奥さんが時短勤務なので、子供の迎えをしなくてはならないので尚更だと思います。

そこで私は、あえて奥さんにはどんどん予定を入れていいよと言っています。

少しでも子供から離れ一人でゆっくりできる時間を増やしてあげたいからです。

普段から子供とずっと一緒にいるのですから、きっと一人の時間やリフレッシュの時間を世のママたちは望んでいるはずです。

私の奥さんも、口には出しませんが絶対そういう想いがあるはずです。

なので、奥さんが予定が入った日には必ず予定を入れないようにし、定時ダッシュで帰宅し、子供の世話をするようにしています。

まとめると

旦那は子供よりも、奥さんを大切にしてあげてください、というのを世の旦那様たちに伝えたいというのが今回のブログの趣旨となります。

もちろん、旦那は子供の世話をしなくていいということではないので、その点は勘違いしないでくださいね。

今日はちょっと文章が長めになってしまい、見ずらくなったかもしれませんが、少しでも参考になれれば幸いです。

おやすみなさい。ごのでした。

 

関連記事

ランニング

中国語

国際結婚

子育て

陸上日誌

プロフィール

ごの

ごの

28歳会社員。奥さんと息子と3人暮らし。日々子育てに奮闘中。若かりし頃の身体を取り戻すべくランニング始めました。(2018年度の目標:5km 16'40) [詳細]

人気記事

カテゴリー

アーカイブ

検索