ランニング

マラソンで実力を伸ばしたい方は必見!朝練で得られる4つの効果を紹介!【実体験】

朝の東京タワー周辺

マラソンランナーの皆様、朝練していますでしょうか。

 

私(わたくし)ごのですが、今年で社会人ランナー歴5年の市民ランナーです。

昨年2018年5月より本格的に記録向上に向けた練習を開始しました。

そして、昨年1年で何と、10kmの記録が43分から34分まで伸びました。

1年間どのような練習をしてタイムが向上したかは、過去記事に書き連ねましたので是非ご覧いただければと思います。

 

社会人ランナーの私は、基本的に通勤ランを活用した練習に取り組んでおります。

そこで、通勤ランでもそれなりの練習強度を確保したかった私は、この1年間は仕事開始前の早朝と仕事終わりの夜に走る、いわゆる2部練に取り組んできました。

2部錬となると、目を背けることができなのが朝練です。

大会で結果を残したい一心で、この1年は朝練に本気で取り組んできました。

 

結果的に、1年で10kmのタイムが飛躍的に伸びたわけですが、私個人的な感想としては、

朝練めっちゃ効果ある!

です。タイムが伸びたのは朝練のおかげだと思っています。

 

ということで、当記事では私が1年間、本気で朝練に取り組んできて感じた、朝練の有用性について紹介していこうと思います。

ごの
ごの
やってみて感じた注意点も後半で紹介するっす!
あわせて読みたい
走る人
1年で10km43分から35分に伸びる練習方法を解説【実例公開】私(わたくし)ごの、2018年5月から本格的に走りはじめてもうすぐ1年がたとうしています。 1年前の私は、会社勤めの疲れから暴飲暴...

 

朝練で得られる4つの効果

早速、本題の朝練で得られたメリットについて紹介していきます。

ここで上げるメリットについてはタイムだけに拘ったものではなく、日常生活全般に関わるような視点で、メリットを上げてみました。

私が感じたメリットは以下の4点です。

朝練で得られる4つの効果
  1. とにかく生活にメリハリが出る
  2. 朝早く電車に乗れるためピーク時の混雑を回避できる
  3. 継続した練習計画が立てやすい
  4. 単純に総走行距離が上がる

こうして箇条書きして気付きましたが、走りに関わるポイントは4つ目だけですね。笑

(個人的には3つ目のポイントも非常に大きかったですが。)

ということで1つ1つ解説していきます。

とにかく生活にメリハリが出る

言うまでもないかもしれませんが、朝練をするためには早寝早起きは必須です。

私の場合は、片道1時間ほど通勤時間がかかるのですが、朝6時に家を出て7時頃に会社の最寄り駅につき、そこから練習を始めます。

だいたいは5km弱のジョギングするのですが、最近ではキロ4分~4分10秒くらいのハイペースで走って、心肺機能を追い込むようにしています。

ごの
ごの
朝は大したことないペースでも心拍が上がりやすい気がするっす。

 

ということで、朝は5半に起床するので夜は遅くとも23時半に寝て、最低6時間睡眠をするよう心がけています。

毎日走りながら、ブログ書きながらだと疲労感がすごくて、どんなに作業が残っていても寝ないと辛いので いい意味でメリハリ が出ました。

生活にメリハリが出て早寝早起きの習慣が身につく。

朝早く電車に乗るためピーク時の混雑を回避できる

これは、私含め一部の人にしか効果を実感いただけないメリットかと思いますが、個人的にはかなり大きいメリットです。

朝の 満員電車の時間を回避できるようになったのは非常に大きかった です。

会社員あるあるだと思いますが、電車通勤のストレスは永遠の課題ですよね。

通勤時のストレス軽減になる。

継続した練習計画が立てやすい

タイムが飛躍的に向上した一番の理由 がこちらです。

これは確信しています。

1日1部錬前提で練習計画を立てるよりも、2部練できる前提の場合は 継続した練習計画が抜群に立てやすい です。

というのも、夜練のみで計画を立てようとする場合、飲み会などで別の用事あるとそれだけでその日は練習が組めなくなります。

ですが朝練をすることによって、夜は練習できない日は朝練でガッツリ練習したり、前日ポイント練習した日は、朝練で疲労抜きのジョギングをしたりと臨機応変に対応しやすくなるのです。

 

ごの
ごの
朝練のおかげで穴のない練習計画が立てやすくなったっす!

時間がなくて、練習時間が取れない社会人ランナーにとってはかなり大きいメリットだと思います。

仕事後に練習ができない日でも、穴なく練習できる・計画が立てられる。

単純に総走行距離が上がる

当たり前ですが 単純に走行距離が上がり ました。

私の基本的なルーチンメニューは、朝5kmで夜は8.5kmのジョギングです。

これを平日週4で取り組み、休日に少し走れば200kmに到達します。

朝練に慣れるまでは苦労しましたが、習慣化されれば簡単に月間200kmは超えれるようになりました。

 

走り始めた序盤の頃は、とにかく距離を稼ぎたいと思いつつも、1度に走る距離を伸ばすのが体力的にきつかったので 朝練と夜練で刻んで距離を稼げた のが良かったです。

1回で長い距離を踏まなくても、短い距離でトータル的に距離を稼げる。

朝練をするにあたって注意する点

ここからは、朝錬をするに当たっての注意点です。

以下の3点は注意いただきたいです。

朝練の注意点
  1. 疲れて仕事中に眠くなる
  2. 練習回数が増えるため怪我のリスクは上がる
  3. 朝練前に糖質を摂取しないと筋肉の分解になる

①と②は説明せずとも分かると思いますが、朝練をすることで多少日常生活に影響が出てしまうことは覚悟してください。

ただ、そのデメリットを超えるメリットを感じていただけると確信しています。

ごの
ごの
慣れるまではきついですが、慣れてしまえば仕事への影響も殆どなくなったっす。

 

③については知らないと分からない点なので、是非頭に入れておいてください。

朝起きて何も食べずに走り始めると、分解する糖質が身体の中に殆ど無いので、脂質が分解されやすい状態となっています。

そうなると筋肉が分解されてしまって、せっかく練習をしているのに逆に筋肉が減ってしまうという悲しい事態に陥ってしまいます。

そのため、朝練前は、お腹が痛くならない程度に糖質を摂取してから走るようにしましょう。

まとめ

朝練を始めることで、朝早く起きなくてはならなくなりますが、その辛さを超えるメリットを感じていただけると思います。

タイムを伸ばしたい人は、朝練を初めることをオススメします。

ごの
ごの
夏でも朝は気温が低めなのもいいっすね。

私も朝練を続けて、生涯ベストが出せるように頑張っていこうと思います。

ABOUT ME
ごの
5000mを15分台で走るのを目標に、2018年5月より本格的に練習を開始しました。社会人になっても、自己ベストを出せるということを証明します! 2018年実績:5000m17'47、10km34'31