ランニング

1人で走る社会人ランナーの皆様へ!ランニング仲間を見つける簡単な方法をご紹介!

プラレールとパンダ

仕事歴=社会人ランナー歴6年目の私ですが、ありがたいことに多くのランナーの方とご一緒させていただく機会がありました。

皆さんとお話していくと、ほとんどの方に共通しているのは 普段1人でランニングされている 方がほとんどということです。

多くの社会人ランナーの方々は、遅くまで仕事をしたり、家族のために早めに帰宅したりとなかなか他の人と集まって練習することができないようでした。

 

そんな中、「そもそも一緒に走るメンバーがいない」や、「コミュニティには入らずに1人で走っている」という方が意外と多くいらっしゃったのが印象的でした。

ごの
ごの
都内だと人が多いので逆に出ていきづらかったりしますね。

 

当記事では、そんな1人で走る社会人ランナーの方のために、ランニング仲間を見つける方法を紹介していきます。

前置きという名の経験談

かく言う私も、普段は1人で練習をする孤高のランナーなわけで、ものすごい共感します。

平日は帰宅ランで、可能な限り無駄な時間を省く努力をしながら練習しているので、仲間と予定を合わせて練習することはほとんどありません。

子供ができてからは特に、休日でも遠出せずに家の周りで練習するようになったので、1人での練習が増えました。

 

ただ、1人での練習が続くと、よくない現象も起きてしまいます。

  • モチベーションが全く上がらない
  • とにかく寂しい

この2つは特にすごいです。

モチベーションに関しては割と深刻で、下がり切ってしまうとガチで1ヶ月くらい練習しなくなる時があります。

社会人ランナー4年目までは、年に1回くらい(だいたい年度末の忙しい時)にその現象に襲われ、結局4月頃に1から練習が始まるわけです。

ごの
ごの
毎年それの繰り返しなので記録は伸びませんでした。笑

 

そして、忘れてた時に絶秒のタイミングで襲ってくるのが寂しさです。

1人で練習していると、なんで走っているんだろって思ってしまうことがたまにあります。

これはもうどうしようもないので、時が解決してくれるのを待ちます。←

 

前置きが長くってしまいましたが、ここからが今回の本題です。

私も、田舎から出てきて始めの1年は1人で練習する時間が多かったのですが、これから紹介するアクションを起こして徐々にコミュニティを広げていきました。

今は月1回くらいの頻度ではありますが 練習会や駅伝に参加するようにして モチベーションを維持し、寂しさを乗り越えています。

是非、ランニング仲間を見つけて、練習のモチベーションを高めていきましょう!

お勧めのランニング仲間の見つけ方

私が実践してきて方法をご紹介させていただきます。

成果が出やすかった順に紹介していきますね。

お勧めのランニング仲間の見つけ方
  1. 職場やバイト先の同僚を誘う
  2. ランニングサークルに入る
  3. 昔の友人の繋がりから輪を広げる
  4. 地域の陸連の方にコンタクトをとる
  5. 大会に参加して会話をする
  6. 自分がランニングしていることを発信する

1つ1つ解説してきます。

おじさん
おじさん
⑥以外はとにかく自分から行動あるのみ!

職場やバイト先の同僚を誘う

恐らく1番可能性が高かったのが、職場やバイト先の同僚を誘うことです。

やっぱり 顔見知りを誘うのが一番いい と思います。

こちらからも誘いやすいです。

と言っても、普段のランニングに誘うのはそこそこハードルが高いので、一番は大会に誘うのがいいですね。

大会であれば、走りだけでなくて、その後に飲み会を企画すれば親睦会みたいな目的で誘いやすいですからね。

全てに共通して言えますが 1度誘うことに成功すれば次回以降も誘いやすい ので、まずは最初のきっかけ作りを頑張ってください。

ランニングサークルに入る

知らない人の集団に飛び込んでいく必要がある、という意味では少しハードルが高いかもしれませんが 失敗する可能性が少ないという意味ではこちらが一番 です。

もともと走ることを目的に集まった集団なので、当然と言えば当然ですが。笑

「都内 ランニングサークル」や「都内 ランニングクラブ」で検索すれば、たくさん募集しているので、興味ある方は1度連絡してみてください。

必要に応じて「都内」の所を自分の地域に置き換えてみてくださいね。

ごの
ごの
同期の一人はランニングサークルで出会って結婚までしてたっす!

昔の友人の繋がりから輪を広げる

顔見知りということで、こちらはハードルも高くないと思います。

さらに、久しぶりに会う口実にもなるので結構誘いやすいです。

 

1人仲いい友達を誘えば そこからの繋がりで新たなランニング仲間が増える こともあります。

私も高校時代の友達からの繋がりで広がったメンバーで、よく駅伝に参加するようになりました。

メンバーの多くが群馬在住ということもあって、群馬の大会の時に集合して、ご飯を食べに行ったりしています。

一人の知り合いから繋がったコミュニティなので、とても貴重な出会いでした。

ごの
ごの
そのメンバーは結婚式の披露宴の企画にも参加してくれるくらい仲がいいメンバーになったっす!

大会に参加して会話をする

これはかなりハードル高いですね。

ただ、私は大学時代に一度だけ経験がありました。

私から話しかけたわけではなくて、話しかけてもらった側だったので、駅伝で同じ区間を走ったおじさんから、

「はやいねー!」

言ってもらったのがきっかけでした。

それからは、そこの陸協の方々との繋がりができて、大会で一緒になる度に楽しく会話させていただきました。

大学は地元から離れていたので 少しでも多くの繋がりが欲しかった私にはとてもありがたかった です。

 

ということで、私から積極的に会話したわけではないので偉そうに言えないのですが…笑

ここで重要なのは 大会に参加すること でしたね。

地域の陸協の方にコンタクトをとる

上で紹介した出会いがきっかけで、地域の陸協の存在を知りました。

そこで、陸協にコンタクトをとって一緒に練習に参加させていただいたり、駅伝に呼んでいただいたりしました。

今でも秋田の大会に参加するときは、当時のメンバーで集まって飲み会を開いてもらったりしています。

今年は田沢湖マラソンに参加したいので、また会えるのが楽しみです。

ごの
ごの
大学1年の時は長距離メンバーが少なかったので陸協の皆さんには本当にお世話になりました!

自分がランニングしていることを発信する

自分からではなく 相手から誘ってもらうチャンスを増やすのに必要 です。

私の会社では、私が走っていることは割りと有名で、会社のメンバーで参加するような大会や駅伝に声をかけていただけるようになりました。

入社当時から走ってるアピールをしてきて、朝練でも会社回りを走っているので、走っている奴と言えば私、的な雰囲気になってきています。

誘ってもらうのがきっかけでコミュニティが広がる可能性もある ので、どんどん走ってるアピールをすることをお勧めします!

ごの
ごの
走ってると意外と偉い方々にも印象良くなりますよ!

相手が食い付きやすい誘い文句

社会人ランナーの方に一番効果があるのは 終わった後のビール ですね。

これは本当に効果抜群です。

特に職場のメンバーを集める時なんかは非常に効果的でした。

もしメンバーが集まって大会も見つかったなら、お酒がおいしいお店を見つけて予約しておくと完璧ですね。

次回以降の大会でも来ていただける可能性は跳ね上がります。

 

あまり、お酒を飲めないような若いメンバーがメインの場合は 温泉が有名な場所の近くの大会に誘ったりおいしいご飯が食べれる地域 の大会に誘うのが効果的です。

ちょっと遠出して、素敵な観光地巡りの口実にするのも参加してくれる確率が高かったです。

おじさん
おじさん
終わった後の楽しみを訴えるのが一番効果的っす!

 

そして、最後にお勧めの大会は何と言っても 駅伝 です。

チーム戦ということもあって、皆で頑張っているという一体感を共有できるので 個人レースよりも楽しいと言ってくださる方は多い です。

駅伝に誘うのもおススメです。

あわせて読みたい
シャパン駅伝ツアー
駅伝に参加してきて改めて魅力に気付きました!駅伝参加で得られる3つのメリット!先日、大学時代の後輩と一緒に駅伝に参加してきました。 大学依頼の後輩との駅伝ということもあり、とても楽しく走らせていただい...

 

是非、ランニング仲間を見つけコミュニティを広げていくことで、より楽しく走っていただければと思います。

ABOUT ME
ごの
5000mを15分台で走るのを目標に、2018年5月より本格的に練習を開始しました。社会人になっても、自己ベストを出せるということを証明します! 2018年実績:5000m17'47、10km34'31