子育て

【どちらが】夫の時間と妻の時間【大切?】

夫の時間と妻の時間

お疲れ様です。ごの(@gono_gonoike)です。

今週とあるツイートを目にし、とても気になりました。

ぐさっと心に来るものがあったので、紹介させていていただきます。

 

正直に言うと、私もこんな感覚で奥さんと会話していることがよくあります。

 

我々は家族は、私と奥さんと2歳の息子がいます。

平日は共働きで、息子を保育園に預け、奥さんが時短勤務で息子の送り迎えをしています。

必然的に奥さんの方が息子と接する時間は多くなり、育児は奥さんが中心です。

 

そのこと自体は夫婦でしっかり話し合って決めたことなので、お互いに特に何も気にしていません。

というか、奥さんは恐らく何も気にしていません。

たまに息子の相手に疲れた様子ですが、最近は初めのころに比べてだいぶ慣れてきたようで、今ではいい感じで息抜きながら力抜きながら子育てできているようです。

よかったよかった。

 

ただ、そんな疲れている奥さんの様子を見た時に、私なりに奥さんを気遣って言っていたことが、今回のツイートとまさにシンクロしたのです。

 

「自分が息子と遊んでるからカフェでゆっくりしてきていいよ。」

「自分が息子迎えに行くから飲みに行っていいよ。」

「自分がご飯作るからゲームしてていいよ。」

 

今思うと、ツイートにあるように私が奥さんに時間を与えてあげるような言い方をしていました。

何様だったんだ自分。

共働きで、奥さんが時短勤務をしているということだけで、子育ては奥さんにやらせるという意識が潜在的に潜んでいたのだと思います。

表面上は子育ては「夫婦で協力してやっていくもの。」なんて偉そうに言って、たまにゲームしたりご飯作ったりするくらいでいい気になっていました。

 

これからは意識を変えて、奥さんと私で協力して子育てしていきます!!

これまでもそのつもりだったんですけどね。

やっぱり、どうしても奥さんに頼ってしまっているところが多いので、これからは子育てもお互いの時間も平等に対等に。

ただ、それぞれが得意なところ不得意なところはあるから、お互いにカバーし合っていく。

 

そんな夫婦になっていけたらと思います。

 

私が過去に書いたブログも晒しておきます。

この頃のブログは世の奥さまたちの反感をものすごい買っていたんだろうなーw

 

関連記事:子育て中の旦那必見!夫婦円満のための3つの秘訣

ABOUT ME
ごの
28才会社員。小5から陸上の長距離選手でした。人の時間でなく、自分の時間を生きるために日々奮闘中。主に、ランニングや子育てなどの日常について書いてます。